相続税でお悩みならオースリー

Case2

現地の調査で、接道状況や利用状況を詳細に確認し、私道が含まれている土地や面積の大きな土地について、節税をを導き出す要素を見つけ出し、次の項目で減額しました。

・小規模宅地等の特例

・広大地評価による評価減

・分筆しての評価減

節税額1880万円。分筆をして相続人それぞれが単独で相続する場合、土地の評価は取得者ごとになります。全体が二方道路の土地が、1ヶ所が角地、残り2つの土地が一方道路の土地になり、一体で評価するよりも減額できました。

相続人それぞれが互いを尊重し、譲れるところは譲ってもらうようにし、納税の方法を別々にしたことが節税の成果が上がったポイントであると思います。

無料相続相談希望の方は下記まで

お名前※必須
メールアドレス※必須
お電話番号
お問い合わせ内容※必須

Shop Info

磐田リベルラ法律事務所

COMMENT

相続は時に争いが生じます

相続人が多数いたり、相続人全員が納得いかなかったり、相続条件に合意ができなかったりと相続は紛争が生じる時があります。このような紛争が起きないように事前に相続準備をすることが必要なのですが万が一意図しない紛争が起こってしまったときには弁護士にご相談ください。

磐田リベルラ法律事務所では相続相談をいつでも承っております。お気軽にご相談ください。