相続税でお悩みならオースリー

Case3

相続人が被相続人の妻、子2人のケースです。節税としては財産の半分までは無税という配偶者の特例を最大限使うことで納税の負担を減らすことを第一に考えました。

妻には二次相続の節税対策がとれる土地を相続することに決めて遺産分割案を作成し他の土地については、兄弟の収益が同じくらいになるような配慮をしました。

・小規模宅地の特例

・配偶者税額軽減

節税額3780万円の成果が出ました。今回のポイントとしましては配偶者の特例を最大限に利用して節税できたことと、取得割合と収益性が康平になるような分割をしたことにあります。

無料相続相談希望の方は下記まで

無料相続相談希望の方は下記まで

お名前※必須
メールアドレス※必須
お電話番号
お問い合わせ内容※必須

Shop Info

磐田リベルラ法律事務所

COMMENT

相続は時に争いが生じます

相続人が多数いたり、相続人全員が納得いかなかったり、相続条件に合意ができなかったりと相続は紛争が生じる時があります。このような紛争が起きないように事前に相続準備をすることが必要なのですが万が一意図しない紛争が起こってしまったときには弁護士にご相談ください。

磐田リベルラ法律事務所では相続相談をいつでも承っております。お気軽にご相談ください。