任意売却とは
任意売却とは、住宅ローン支払い困難者の救済手段。
住宅ローン等の借入金が返済できなくなった場合、売却後も住宅ローンが残ってしまう不動産を金融機関の合意を得て売却する方法です。

住宅ローンを滞納、延滞すると、債務者がローンを分割で返済する権利が失われてしまい、お金を貸した金融機関は残っている住宅ローンの全額を 一括で返済することを要求してきます。残債務を一括で返済できない場合、金融機関は担保となっている自宅を強制的に売却し、 その売却代金から貸したお金を回収します。
この、担保不動産を強制的に売却するのが競売です。競売は所有者の同意なしに売却することを裁判所が認め、裁判所が所有者に代わり、 物件の購入者(最高価買受人)をオークション形式で決定します。競売による不動産の売却では現金化までに時間がかかるうえ、 市場価格より安くなるケースもあります。
任意売却では、不動産会社が債権者と債務者の間に入って調整を行い、債権者の合意を得る事で不動産売買価格がローン残高を下回っても売却できる、 とても合理的な不動産取引の事です。
競売は裁判所が介入する為、強制的で融通の利かない手続きとなります。
しかし、任意売却は裁判所が介入しない為、債務者自らの判断(任意)で行う事の出来る融通の利く手続きです。

任意売却のメリット
任意売却は競売と比較してご相談者さまにメリットが大きい不動産取引です。

任意売却のメリット

競売のデメリット

相場で売却活動を行うので、売却後の残債を少なくできる。

相場よりも安く落札されることが多く、家を売却してからも 多くの残債が残る。

一般的な売却と同じ売却価格なので、経済状況を近所に知られることはない。

チラシやネットでの公開、業者がご近所にヒヤリングする等で、経済状況が苦しいという事が 近所に知られてしまう。

契約時期や引越時期などの希望について相談できる。

裁判所の職権により、強制的に売却され、落札者から立退きを迫られる。

債権者と協力しながら売却を進めていけるので、交渉により無理なく返済出来る。

残債務の返済の方法を交渉できない。

引越し費用がもらえる可能性が高い。

引越し費用が貰えない。

任意売却を行うにあたり、すべての手続きにまつわる諸経費は物件売却費用から配分され、 一切費用が掛からない。

競売で処分されたという負い目を感じてしまう。

一般的な売却と同じ売却活動なので、気持ちの切り替えがしやすい。

競売が決まると、落札されるまでの遅延損害金が日々14.6%かかり続け、 残債が増える可能性がある。


任意売却には、デメリットもあります。 メリット・デメリットを理解し、比較検討した上で、任意売却を選択されるご相談者さまが多いのも事実です。

リスク1 住宅ローン滞納3カ月以上で、信用情報機関に記載される可能性があり 一旦、信用機関に登録されてしまうと、その後の5〜6年程度は新たなローンが組めなくなってしまいます。 ただ、競売も同様に住宅ローンの滞納が起きるため、住宅ローンを3カ月以上滞納すれば信用機関に登録され、 5〜6年程度は新たなローンが組めなくなってしまいます。

リスク2 住宅ローンを借りる際、連帯保証人などの債務を連帯して負っている人がいる場合は、 連帯保証人から任意売却に対する同意が必要になります。


任意売却の流れ・期間
ご相談いただいてから、任意売却が成立するまでにかかる時間は通常3~6ヵ月程度です。

任意売却の相談への手続き、解決に至るまでの流れやスケジュールは、 お借り入れが住宅金融支援機構であるか、民間系金融機関であるか、また、ご相談者さまのご状況によって 方法が異なり、また、債務状況、物件の状況等によって期間は変わります。 あくまで参考程度とお考えください。


電話・メール対面での相談

まずはご相談ください。メール相談は24時間受付中です。


現状の把握・価格の査定

ご納得いただけるまで丁寧にご説明、ご提案いたします。迅速で適性な査定を行います。


債権者との交渉

ご相談者さまに代わり、借入先と話し合いを行います。


販売活動・売買契約

ご相談者さまによって一番有利な購入希望者を探します。買い主が見つかれば契約をします。


任意売却終了


ご相談・ご依頼方法

任意売却・債務問題の解決は時間が経てば経つほど 活用できる制度や解決方法が少なくなってしまいます。 ご家族の方を含めて、許可の無い場合は秘密厳守します。 お一人で悩まずにまずはご相談ください。 ご相談はすべて無料です。

お名前
※必須
メールアドレス※必須
お電話番号
お問い合わせ内容※必須